Create My Life

ゲーム攻略中心雑記ブログ! 文豪雑学や副業、特撮感想も書いてる生き生きオタク!

MENU

読書感想

社会人冬島が読んだ本の読書感想文。 文豪作品からビジネス書まで。 オーディブル始めました。

「一分間で頭が良くなる」は本当か【聞く読書の感想文】

「一分間で頭が良くなる勉強法」なる本を発見!これは読んでみないと、と読んだ結果学んだことをまとめています。これであなたも頭が良くなる…かも?

【聞く読書の感想文】自分を操る超集中力 メンタリストDaiGo

自分を操る超集中力(著者:メンタリストDaiGo)を聞く読書を使って読んでみた感想文です。 結果から言うととても役に立ちましたよ!

「マーケット感覚を身につけよう」を読んでみた

今日の読書感想はちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」です。

北原白秋【文アル好きがする文豪雑学】

文豪に関する面白エピソードを紹介。 今回は北原白秋です。 文アルのイメージからすると「つ、強そう」って感じの方です。 彼が愛したお酒の話など。

国木田独歩【文アル好きがする文豪雑学】

。文豪に関する面白エピソードを紹介。 今回は国木田独歩について。 ていうか検索したら文ストの人出てきました。凄い人気なんですね。

太宰治【文アル好きがする文豪雑学】

文豪に関する面白エピソードを紹介。 今回は私が大好き太宰治のお話。 太宰治の中でもとっつきやすいお話や、彼が愛用したものの紹介など。

芥川龍之介【文アル好きがする文豪の話】

文豪に関する面白エピソードを紹介。 日本人なら誰もが一度は著作を読んだことがあるのではないかというほど有名な作家芥川龍之介についてです。 そんな彼の愛したものの紹介です。

「アド・バルーン」織田作之助【読書感想文】

本日の読書感想文は織田作之助のアド・バルーンです。 実はこの話かなり前に読み終わってたんですけど、適切な感想をかけそうにないなーと寝かせていたんですよね。 萌えて苦しかったんです。 まぁそういうのは後から触れるとして、いつも通り冷静に頑張って…

萩原朔太郎【文アル好きがする文豪のお話】

文豪に関する面白エピソードを紹介。 今回は萩原朔太郎について。 彼の好物や楽器のお話、あの文豪との関係も?

梶井基次郎【文アル好きがする文豪のお話】

文豪に関する面白エピソードを紹介。 今回は梶井基次郎について。 彼の魔法使いな話やお気に入りのものなどのお話です。

井伏鱒二【文アル好きがする文豪雑学】

文豪に関する面白エピソードを紹介。 今回は井伏鱒二について。 酒好きと知られている彼の好みや噂の教授の話など。

菊池寛【文アル好きがする文豪雑学】

文豪に関する面白エピソードを紹介。 今回は菊池寛について。 彼の大好きなあのギャンブルの話やおちゃめなエピソードも。

夢野久作【文アル好きがする文豪雑学】

文豪に関する面白エピソードを紹介。 今回は夢野久作について。 彼の意外な経歴や大好物など。

「貨幣」太宰治【冬島読書感想文】

太宰治が描く擬人化小説。 ささっと読めるくらいの短さだし、クソめんどくさい読書感想文にもおすすめしちゃいます。という話。

森鴎外のお話【文アル好きがする文豪雑学】

文豪に関する面白エピソードを紹介。 今回は森鴎外について。 彼の大好物や意外な趣味まで

「蟹工船」小林多喜二【読書感想】

今日の読書感想は蟹工船です。 調べたところ漫画を無料公開しているみたいですね 蔵書:作品紹介:蟹工船 - 白樺文学館 多喜二ライブラリー [TAKIJI LIBRARY] 青空文庫ではこちら 小林多喜二 蟹工船 某ゲームのキャラクターとしてかなり好きなんですけれど、…

「死体を買う男」歌野晶午【読者感想文】

江戸川乱歩と萩原朔太郎がとある事件を解決する話 を作中話として展開する話 です(ざっくり) この小説は友人からのおすすめで手にとりました。 曰く「某文豪ゲームだけの印象で読むとすごい驚くよ」だそうで。 実際読んでみた感想は 驚いたけどそれ以上に…

「オトナ女子のための食べ方図鑑」を斜め読み

まだまだ寒波が猛威を奮っていますね。 皆さんのすんでいる土地はどんな感じですか? 今回はタイトルの本をナナメ読みしました。 というのも、雪の影響で徒歩通勤を断念、代わりにバスを利用したらベラボーに早くついてしまい、時間潰しのためにこの本を立ち…

「99%の人が知らない数字に強くなるワザ30」読んでみた

今回読んだのは 「99%の人が知らない数字に強くなる裏ワザ30」 著者 深沢真太郎 発行所 ダイヤモンド社 です。 数学の成績がよくなる本ではなく、 ビジネスマンがちょっとうまく仕事をするコツみたいなお話でした。 要約すると ・電卓持とうぜ! ・Excel便利…

「世相」織田作之助【読書感想文】

今回の読書はオダサクの世相です。 私が読んできたなかで、たぶん初めて主人公が「オダサク」であるというものです。 今まで読んできた檸檬や美しい村↓ fuyushima.hatenablog.com とかは主人公が作者で、実体験をもとにした創作だったと思うんです。 私が今…

「女の橋」「船場の娘」「大阪の女」織田作之助【読書感想文】

本日の感想文はなんと三つ分です。 「女の橋」「船場の娘」「大阪の女」 織田作之助の短編三つ。 何故この三つをまとめたかというと、この作品実は親子三代のお話なんです。 勿論一つずつでも読めます。 が、出来れば「女の橋」「船場の娘」「大阪の女」の順…

「放浪」織田作之助【読書感想文】

今日の読書感想文はオダサクの放浪です。 体調の悪さも相まってなんというか…ただただつらかったですね、この話は。 オダサクの本は青空文庫で読めるものが多いんですね。今更知りました。 織田作之助 放浪 もう一度体調いい時に直視したい話って感じです。

「天衣無縫」織田作之助【読書感想文】

今日の読書感想文はオダサクの「天衣無縫」です。 織田作之助「天衣無縫」 天衣無縫とは 詩歌などに技巧のあとがなく、自然で美しいこと。 飾ったり気取ったりしないで無邪気な様子。天真爛漫。 もともとは昔の中国の昔話からきているのかな? 天女の衣は針…

「俗臭」織田作之助【読書感想】

今日の読書感想文は織田作之助の「俗臭」です。 オダサクの第二作目だそうですね。 「夫婦善哉」を読んだときも思いましたが、織田作之助の文章はかなり読みやすいですね。 fuyushima.hatenablog.com そこまでコテコテっともしていなくて、楽に読める感じ。…

なぜ読書感想文を書かなければいけないのか

私は幼い頃から読書感想文を苦に思ったことがありませんでした。 読んで感想を書くだけ。それがどうして難しいんだろうと本当に不思議だったんですよね。 苦手な子たちが「ほんとやる意味わかんなーい」って言っていても「ふぅん?」みたいな。 「やる意味わ…

「夫婦善哉」織田作之助【読書感想】

今回読んだのは織田作之助の夫婦善哉です。 織田作之助の1940年に出た彼の五作目の作品で、彼が有名になるきっかけになったお話ですね。 某ゲームの初期文豪の一人、関西弁の可愛い彼の作品です。もともと方言萌えがある人種なのでとにかく可愛い。ゲームの…

お酒飲みたくなる「異世界居酒屋のぶ」【冬島読書感想文】

自分は本を読むのが早い方…と思い込んでいた私ですが、文豪の文章を読むにあたり「めちゃくちゃ遅いやん」とちょっとしょんぼりしておりました。 で、たまには現代文(???)を読みたいかな、と手を出したのがこれ。 たまたま家にあったので家族の誰かが買…

短いこよりに火を灯すような…「風立ちぬ」堀辰雄【冬島読書感想文】

今回読んだのは堀辰雄の「風立ちぬ」です。 文豪がドンパチするあのゲームに置いて最初に自分からできる文豪5人の中の1人ですね。 キャラクターの印象からすると ・線が細い ・どことなく女性的 ・気弱そう こんな感じでした。 以前Twitterでは「キャラク…

高校英語万年赤点人間は英語を喋れるようになるのか【冬島読書雑記】

今日紹介する本は 『英語上達完全マップ』 著者 森沢洋介 ~初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法~というのがサブタイトルのようですね。 この本を買ってから数年になりますが、私は現在全くと言っていいほど英語力があがっていません。 当然です…

綺麗で破綻のないお手本のような描写【冬島読書感想文】

美しい村 著者 堀辰雄 今回は新潮文庫で出版されている「風立ちぬ・美しい村」の美しい村の読書感想文です。 あらすじとしては、失恋をしたらしい私が病気療養しつつ周りに目を向けながら執筆をしている、という感じ、でしょうか。 なんといいますか、起承転…