Create My Life

ゲーム攻略中心雑記ブログ! 文豪雑学や副業、特撮感想も書いてる生き生きオタク!

MENU

「死体を買う男」歌野晶午【読者感想文】

死体を買う男 (講談社文庫)

 

江戸川乱歩萩原朔太郎がとある事件を解決する話

を作中話として展開する話

 

です(ざっくり)

 

この小説は友人からのおすすめで手にとりました。

曰く「某文豪ゲームだけの印象で読むとすごい驚くよ」だそうで。

 

実際読んでみた感想は

驚いたけどそれ以上にめっちゃ面白かった!

です。

 

ネタバレもあるかもしれませんのでご注意ください。

 

 

 

あらすじ

 

江戸川乱歩の未発表作が発見された!?

 

「女装をした学生が謎の首吊り自殺を遂げ、その姿が萩原朔太郎の詩と奇妙にリンクしている」

こんなあらすじの、作者不明の「白骨鬼」という作品が世に出された。

作中では江戸川乱歩萩原朔太郎が謎を暴いていく傍ら、現実世界では「白骨鬼」を巡る話が展開されていく。

 

 というような感じ。

 

推理小説なんでどこからどこまで話していいかわからなくなりますね。

ここまでは大きなネタバレはないはず。

ここからは、ネタバレ含む冬島の感想になります。

 

 

 

感想

 

物語が少しいったり来たりして最初は人物の関係が少し分かりにくかったように思います。

ただ、読者をぐいぐいひっぱる力が強いので一気に読み進めてしまいました。

 

よく、どんでん返しって表現がありますが、この作品はそこまで大きいものではない返しが何度もくるくるするような感じ。

 

なるほど?

あ、なるほど!

えっ………あー、なるほどね?

 

みたいな。

そして最後にもう一度序文を読んで、すごく納得する、みたいな構成になってます。

 

トリック自体はとても単純で、謎解きものとして読むには少し物足りないかもしれません。

ただ、くるくると返しが回るように

読み返せば「あぁ、確かに」と思うようなヒントがそこここに散らばっていて

何度読み返しても飽きが来ない話だな、と思います。

 

 

それから、私と同じゲームをやっている方

もしくは同じく文豪を題材にした作品を読んでいる方にはとてもおすすめです。

 

私たちが知っているキャラクターとしての江戸川乱歩萩原朔太郎を想像しながら読むと

 

あれっ?

あれれっ?

 

ってなること請け合い。

本来の彼らってどんな人だったんだろうと興味を持つきっかけになりそうですね。

 

あと個人的偏見ですが

彼らの小説や詩って文化的背景を理解してないと、楽しみづらい傾向があるので

この作品はそれらに比べてかなり取っつきやすいんじゃないかな~と。

 

 

作中作とそれを取り巻く人たちの話でいったりきたりする部分が

慣れないといえばそうかもしれない?

 

でも、それを補ってあまりある魅力満載ですので是非読んでみてほしいと思います。

 

あとで江戸川乱歩萩原朔太郎の話もまとめたいなぁ…

何を調べればそういうことを書いてあるんでしょうね。

資料館とかいっぱい行きたい今日この頃です。

 

ではでは

 

 

他にもオススメな記事はコチラ

 

www.fuyushima.com

www.fuyushima.com