Create My Life

ゲーム攻略中心雑記ブログ! 文豪雑学や副業、特撮感想も書いてる生き生きオタク!

MENU

「好きなことを仕事にするというのは甘い」はある意味真理だと思う理由

 

好きなことだけして生きていきたい協会会員の冬島です。

うそです。そんなとこあるのかな?あったら面白いな。

 

さて、タイトル。

「あぁん?」って思った人もいるんじゃないでしょうか。

でも早まらないで、石を投げる前にちょっと聞いてほしい。

時期が時期だから豆をぶつけるのもやめていただきたい。

 

こう思うのにはちょっと理由があるんです。

 

 

好きなことで稼ぐにはマネタイズという技術が必要

 

これ。これに尽きる。

 

私は文章を書くのが好きです。

思っていることを文章にするのが好き、という方が正しいかな?

けど、それはお金に変えようと思ったときに少しずつ「好き」という感情から遠ざかっていきます。

 

何故なら好きをお金に変えるには、お金を出してくれる人が必要不可欠だからです。

そして、お金を出してくれる人が、お金を出したいと思う文章を書かなければならないから。

 

この微妙な違いって結構絶大だと思うんですよね。

 

 

「~することが好き」

「~することで稼ぐ」

 

は似て非なるものだと思うんです。

大体の場合は、色んな人に「私はこういうことが好きで、こういうことができます」と広く知ってもらったうえで

たまたま「じゃあその才能買うよ」となる

好きなことで稼ぐ、の主な方法ってこれだと思うんですよ。

 

その手段でメジャーなのがブログですよね。

広く知ってもらい、好きなことをし続けているとお金が入る仕組みを作る。

 

今はいろんな人がマネタイズの方法を教えてくれているから、それはそこまで大変じゃないんでしょうけど…

でも、マネタイズをする、お金になるように努力するって果たして当初の目的である「好きなことを仕事に」とずれてはいないのでしょうか?

 

こういった意味で

「好きなことを仕事にする」

ということは甘い夢だと思うんです。

 

好きなことを仕事にする=好きなことばかりしていればいいわけではない

 

 

っていうことを今ブログ書いてて学んでるんですよね。

文章を書くのは好きなんですけど、ブログでお金を得るのめちゃくちゃ大変じゃないですか?

ヘッドがどうこう、デザインがどうこう、PVが~アクセスが~

 

うわーん好き勝手に書きたい~!!!

 

あと、冬島はちょうビビりなので「人に向けて文章を書く」が苦手です。

不特定多数に見てもらってひゃはーってするのはいいんですけどね。

その向こうに人がいるって思うと急に怖くなっちゃう。

 

ダンスは好きだけど、舞台に立って人がいる前で踊るのは苦手、とかそんな感じ。

 

これ言っちゃうとめっちゃイヤな奴って思われるかもなんですけど

コメントもね、凄い嬉しいんですよ、もらった瞬間とか。

「まじかー!このサイトにたまたま飛んできただけじゃなくてコメントしてもらってるの!?まーじでー!?」

って小躍りしますよ。

 

で、はたと気づくわけです。

 

「なんてコメントを返せば失礼じゃないんだ…???」

 

 あ、コメント自体は嬉しいですよ。どしどしください!

…段々話がそれてしまった。

 

要するに、純粋に好きだけではお金にならないってことです。

 

マネタイズも磨ける技術ではあるけれど

それも技術である以上は向き不向きがあるんですよね。

 

だから、好きなことでお金を稼ぐというのはある意味で甘い夢だと思うんです。

 

マネタイズをしなければお金にならない

マネタイズも込みで楽しい!って思えるならいいんじゃないかな。

 

それか、好きなことを仕事にするにはマネタイズという技術もセットで必要。

 

そういう話でした。

 

ではでは