Create My Life

ゲーム攻略中心雑記ブログ! 文豪雑学や副業、特撮感想も書いてる生き生きオタク!

MENU

冬島プロフィールページ

はじめましての方もそうでない方も、はじめまして。

このブログを運営しています。冬島ややと言います。

この記事では冬島がどんな人か、どんな半生を送ってきたかを綴ってみようと思います。

 

 

忙しい方向けへわかりやすい冬島プロフ

もうすぐ三十路を越えたオタクな女。

好きなものは読書とBLと書くこと!

 

以上です。

 

 

 

セーラームーンと一緒に変身する幼年期

冬島は著しく記憶力が悪いです。

もっとも古い記憶は三本のろうそくがたったケーキと

一面のたんぽぽ畑。

田舎で生まれ育った冬島は自然に触れあいまくりながら育ちました。

 

そんな冬島が人生で初めてはまったのはセーラームーンでした。

彼女らと一緒に変身し、戦い、泣いて笑って。

毎月500円与えられていたお小遣いは全て「なかよし」へ。

(なかよしとは! セーラームーンが連載していた雑誌です)

当時400円ぽっきりだった「なかよし」

残った100円をどうしていたかすら覚えていません。

 

ちなみにウラヌスに性癖を破壊された気がします。

[送料無料]美少女戦士セーラームーン ICカードケース セーラーウラヌス&セーラーネプチューン

価格:1,726円
(2018/2/23 19:49時点)
感想(0件)

 

この頃から男装女子に目覚めていたと思います。

もしくは、自分の中身は男の子だと思っていたのかもしれない?

 

創作活動もこの頃から

セーラームーンにハマったのと同時期に創作活動もはじまってます。

一番最初に作ったのは童話。

今から見ると起承転結もないありふれた物語です。

でも、それを宝物のように本にしてくれた両親には感謝しかありません。

 

同時に読書感想文でルパンシリーズに新ヒロインをぶち込む二次創作も展開。

アルセーヌ=ルパン全集 21/モーリス・ルブラン/竹西英夫【1000円以上送料無料】

価格:1,512円
(2018/2/23 19:52時点)
感想(0件)

 

二次元の初恋はルパンでした。

完璧でかっこいいルパンの隣に立つ人を考えるだけでわくわくした覚えがあります。

色んな既存の物語に「自分」を投影したキャラクターをいれる遊び。

これが私の小説の原点だなぁと思います。

 

 

実は目立ちたがりだった小学生時代

相当ネクラな私ですが

意外にも小学校のクラブ活動はバスケ部(スラムダンクの影響)

しかもバスケ部を作るために先生方に意見書を提出して

初代バスケクラブ副リーダーみたいなこともしました。

リーダーじゃないのは普通に下手くそだからです。

運動音痴なもので。

 

ただ、そういう目立つ活動をしていたせいか

クラスの女王様に目をつけられていじめられました。

女王様ってガチで取り巻きいるんですよね。不思議。漫画かよ。

 

誰かと喋っている間に背中を殴られたり

教科書を隠されたり

 

ただ、もんのすごい鈍かったので

「めっちゃ猫背だから注意してくれたのかな?」

「あ…また教科書忘れた!?」

などと思っていました。

 

取り巻きを従えた女王様に囲まれて殴られて初めていじめだったんだーと認識。

ただ残念なことに当時クラスで一番身長が高く

鈍臭いけど腕力はあったため五人組に囲まれて殴りかかられてもぶん投げて逃げた、という…。

 

身体にダメージはあまりありませんでしたが

「目立つのって怖いな」と思ったのはその時からでした。

 

中学生で腐る

もう目立つのが怖いのか、女の子が怖いのか、人間が怖いのか。

全部なのか全然わからなくなったのが中学生時代。

あんなに情熱を傾けたバスケもなんとなく怖くなってやめてしまいました。

下手だったのもありますが。

 

でも、それはそれとしてゲームも漫画も楽しい。

目立たなければ(そんなに)いじめられないし隅っこでひっそり生きて行こう。

と思っていた冬島。

そんな冬島でもお友達はいました。

そしてそのお友達に「腐」の世界の扉を開けられ

 

気付けば沼底へ向かって自ら犬かきで潜るという暴挙にでました。

 

具体的に言うと今まで妄想していたもの全て文章にしました。

が、インターネットもそんなに普及していなかった時代のことですので

手書きの黒歴史ノートが増えただけにとどまります。

 

ちなみにこの頃の授業のノートは半分が授業の板書で半分が小説になっていました。

ノート提出は全て無視しました。アホか。

 

高校受験は妄想でどうにか乗り切った

ノート提出を無視した結果内申が非常にアレでアレだったため受験勉強はかなり苦労しました。

でも、第一志望の高校にどうしても行きたかったんです。

近かったから。

 

凡人なりに努力しましたね。

もうね、頭が悪すぎて暗記系教科全滅なんですよ。

ちなみに今も日本地図書けません。47都道府県言えません。

 

歴史はカップリングにして

地理は擬人化して

英語は捨てて

そんな感じでどうにか志望高校に合格。

ちなみに担任は「ぜってー落ちるからな!しらんぞ!」って言ってました。

受かったよイエーイ。

 

かっこいい受験勉強方法なんてありません。

全部妄想して擬人化してイチャイチャさせて仲たがいさせてストーリーにしただけです。

ちなみに何故か理数系は適正あったのか苦にしてませんでした。

 

高校で同志と出会う

もう、一生ものの宝だと思います。

今でも交流ありますもの。

大学時代の友達ともありますけどね。

ちなみに高校時代には彼女も出来ました。

 

高校では完全文化系の図書局&漫研に所属。

この頃からパカパカケータイが普及し始め、高校生でもネットが出来る環境に。

そして携帯代が高くてぶん殴られることもしばしば。

 

日記サイトと欲望をぶちまけたサイトを作っていました。

…今もネットの海を漂っているのかしら…??

 

オリジナルの漫画や小説、この頃は詩も書いていましたね。

えぇ、ポエムです。ポエム。

黒歴史ノートが順調に増えていますね。

ここまでくるといっそ面白い。

 

音楽と小説以外の創作活動に出会った大学時代

大学生になるとJanne Da Arcにハマりました

JOKER [ Janne Da Arc ]

価格:2,636円
(2018/2/23 20:29時点)
感想(1件)

 

そこから色々な方向にハマり

LIVEのために初めての一人旅行をしたり

音楽つながりで作曲活動、それからニコニコ動画にはまりました。

 

一時期ニコニコ動画ボーカロイドKAITOをいじっていた時期もあります。

作曲の才能は皆無だったのですが、替え歌がそれなりに好評でしたね。

嬉しい限りです。

 

あとネトゲにもはまりました。

課金って恐ろしい…。

 

こんな具合に色んなものにハマりつつ

「創作活動は文章だけじゃないんだ…」

ということに気付くことが出来ました。

 

違うジャンルのクリエイターとのオフ会はとても刺激的でしたね。

疎遠になってしまったけれど、今も応援している人はたくさんいます。

 

相変わらずいい声していらっしゃる。

最近ニコ動ってポプテピばっか見てるから…。

 

趣味が消えた社会人時代

社会人になってすぐ、身体が弱くて

腎盂炎と肺炎を繰り返しました。

 

慢性にならなくてよかったと心底思います。

が、そういった病院通いを繰り返しつつ

とりあえずではない就職する場所を探します。

具体的には公務員。

 

けれど、人に見られると怖くなって喋れない。

面接落ちを繰り返しました。

大体一次試験は通ったのにね。

 

そうして、少しずつ「書きたい」と思っていた気持ちがしぼんでいきます。

ゲームを「楽しい」と思う気持ちも。

 

 

30になって、公務員になる…近くの市や町の職員になるという夢は消えました。

社会人枠とかもあるけれど、ほぼ絶望的だと思っています。

 

残された道は、あと数年の猶予をのらりくらりと生きるだけ。

それが怖くて怖くて。

趣味なんかやってる場合じゃないって思っていました。

 

それでもなんとかあがいて

今こうしてブログを書いています。

 

英語やプログラミングは、やりたいことではありません。

そのどちらかでも出来れば、私でも職に就けるんじゃないか。

そういう気持ちから「やらなければ」なんて思っていました。

 

今。ちょっと違います。

私は書くことが好きです。

上手くはありません。

でも、書くことが苦にはなりません。

 

だから、WEBライターという道を見つけました。

それから、やっぱり小説を書きたいです。

 

物になるかどうかなんてわかりません。

でも、前よりずっと楽しい気持ちです。

 

期限が切れて、ふっきれた、のかもしれません。

私は文章を書いて生きていきたい。

今の仕事が終わるまでに、この仕事で生計をたてたい。

 

今の私の夢は、そんな感じ。

 

何者でもない私ですが、よろしくお願いします

オチは特にないです。

だって、本当にまだ何者でもないですから。

ただ、もし興味を持ってもらえたら嬉しいな、という気持ちです。

 

twitter.com

もし興味持ってもらえたらフォローしてもらえると嬉しいです。

あ、有益な情報はないです!

ところでフォローボタンってどうやって作るんだろうあとで調べよう

 

そんな感じの緩い人間です。

 

ではでは!