Create My Life@くりまら

人生を楽にいきたいオタクのイキイキブログ

MENU

オタクな三十路女でも人生が楽しいと思えるようになった理由

f:id:fuyushima:20180306101734j:plain

こんにちは。そろそろ三十路を卒業します。冬島です。

 

私のプロフィールはこちら

www.fuyushima.com

私はほんの少し前まで人生に希望なんて持てていませんでした。

転職活動でも連敗中、三十路だけど結婚の予定すらなしっていうか彼氏なし。

できれば早く死にたいな、とすら考えてましたし「楽な自殺方法」とか調べてました。

そんな私が実際の体験談を交えて実感した楽しむコツを書き残しておきます。

過去の私と同じような人が、少しでも「人生味わい尽くさなきゃね」って思えますように。

 

 

 

気持ちが死んでいた原因は将来のお金の不安

仕事は薄給だけど超ホワイト。

ただし、契約社員みたいなものなのでクビになるのが決まっていました。

ずーっと期限がくるのに怯えてた私。

 

それが怖くって毎年ずっと好きでもない勉強をしながら

時期になれば試験を受けて、交通費と体力を消耗して…

 

今から思うと

・面接であがりすぎ喋り過ぎ=有能ではなさそう

・薄給とはいえ30まで職歴に穴なし=給料泥棒の可能性

・☝の印象を吹き飛ばすほど一次の試験結果がいいわけではない

この辺がネックだったのかな、と思ってます。

…今でもあがり癖は治ってません。切実に直したい…。

 

交通費や時間をかけても正職員は得られず

もうほんとダメだ…って気分は鬱モード 

そんな私を変えたのは、クラウドソーシングとの出会いでした。

 

「あと3万でいいから月給が増えたらな…」

これが、ちょっとだけ叶ったのがクラウドソーシング。

もともと文章を書くのが好きなオタクだったんで、これがうまくはまりました。

 

と言っても初月の稼ぎは3000円ほど。

でも、これをきちんと伸ばしていけば、本当に月給3万増えるのでは?

という気付きは私の視野を広げてくれました。

 

 

私の灰色時代【23~29歳】の話

大学卒業して就職してからの23~29歳の間

めちゃくちゃ不幸ってわけでもないですけど

完全に灰色の時代を過ごしてきました。

 

学生時代は元気にオタクをしていたのに、仕事に忙殺され

「ほんと、学生時代って楽しかったな…」

って思っていました。

 

お給料は薄給(手取り15いかないです!今も!)

なので趣味にかけるお金がない。

 

つまり、人生の楽しみがない。

やってられるかー!!

 

いつも

「人生80年とかいらないから

 ちょっと幸せになってぽっくり苦しまずに死にたいなぁ」

と思っていました。

 

 

 

文章を書くことが好き、という武器

なんでもかんでも書くのが好きってわけじゃありません。

やっぱり経験のないことを書くことは苦手です。

不動産のこととか全く知らないけど調べながらひいこら書いてましたもの。

 

でもそうすることによって溜まっていく知識は確実に自分のものとなりました。

 

皆さんに武器はありますか?

クラウドワークスに登録したとき、アレもコレも武器になるんだ!と驚いた覚えがあります。

 

例えば【声】

マイクと録音機材があれば、与えられた原稿を読むだけでお金が稼げる。

ちなみに私はニコニコ動画初期からのユーザーで

恥ずかしながら歌ってみたやゲーム実況をあげていた過去があり

地味にそういう機材が揃っています。

(喉が弱いので手を出しませんでしたけど)

 

クラウドワークスに限らずどこかに自分にマッチする「需要」があれば

必ずそれが武器になるんです。

 

持っていた武器を活用する方法

武器はただ持っているだけでは意味がありません。

ドラクエでも言ってます。

「武器は買っただけじゃ駄目だぜ、きちんと装備しねぇとなぁ」って。

 

この装備にあたるのが活用する場所です。

どこのこの武器の需要があるのか、それを探らないと真価を発揮できません。

 

幸い「文章を書くということ」はクラウドソーシングではよく取引されている価値でした。

 

でも値段がめちゃくちゃ安いという欠点が…。

もう一つ、興味がないと書くことが苦痛になる、ということも…。

 

その欠点を飲み込んだ上で、副業で稼ぐという世界に飛び込みました。

 

 同時にこのブログも開設

お金欲しさにこのブログを開設。

…なんですけど、こっちはお金度外視ですね。

文アルの記録つけたりするのが今のところ楽しくて仕方ないです。

あとは私が知ってる文豪の雑学を書き留めてます。

こちらも楽しくて仕方がない。

いつか、同じように文豪のこと知りたいなって思ってくれる人がいたら

その人にとって有益なブログになっていればいいなと思っています。

 

 

とか思ってたらアドセンスで収益がじわじわ発生したんですけどね

 

 結果はまだ出ていません

稼げるようになった!とかはまだまだ言えません。

ただ、先が拓けたような、そんな気持ちです。

 

文章を書くことはとても楽しいです。

学生時代に戻った感じ、とでもいいますか。

 

人生80年。

やっぱりまだまだそんなに生きたいとは思いませんけど

まぁもうちょびっとだけ生きてもいいかな?と思えるようになりました。

 

こう…ブログで生計立てます!

フリーランスになります!バリバリ稼ぐぞ!

 

って人みたいにはなれないし、あんまりなりたいとも思わないけれど

私は私なりに、私らしく生きて行けそうです。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

もし、お金のことで将来不安な人がいたら

是非ちょっとの勇気でいいんで副業の道に飛び込んでみてください。

収益が発生したときに、なんかこう…

 

あ、いけそう…?

 

って思えますから!

 

 

ではでは!

 

 

 

あっ…10000アクセスありがとうございましたっ!!!

f:id:fuyushima:20180309222212j:plain

 

他のオススメ記事はこちら

www.fuyushima.com