Create My Life

ゲーム攻略中心雑記ブログ! 文豪雑学や副業、特撮感想も書いてる生き生きオタク!

MENU

芥川龍之介【文アル好きがする文豪の話】

今回のお話は芥川龍之介です。

羅生門/蜘蛛の糸/杜子春 (文春文庫) [ 芥川龍之介 ]

価格:658円
(2018/2/18 12:19時点)
感想(22件)

 

誰もが一度は何かを読んだことがあるでしょう芥川龍之介先生ですね。

私は日本昔話で「蜘蛛の糸

高校の教科書で「羅生門

あたりは読みましたねー。

芥川龍之介の詳しいことはwiki先生で。

 

青空文庫の作品一覧はこちら。

作家別作品リスト:芥川 竜之介

 

 

芥川龍之介と聖書

聖書、と聞いて「芥川龍之介ってクリスチャンだったの?」と思った人も少なくないはず…。

私も最初そう思いました。

が、そういうわけではないみたいです。

 

ですが、聖書に魅了されたのは確かなようで全部で17編の切支丹物を書いています。

例えば

図書カード:煙草と悪魔

とかですね。

 

芥川が初めて手にとった聖書は友人からの贈り物でした。

気になるところに赤いラインを引くほどに熟読していたそうです。

 

そして、ドイツ人宣教師から話をきくことにより

ますますキリスト教熱は加熱していったとか。

それでもクリスチャンと名乗ることはなかったようです。

 

芥川龍之介はその生涯を自殺で締めくくります。

『将来に対する唯ぼんやりとした不安』を抱えたまま

睡眠薬を大量摂取しました。

 

その枕元には、聖書があったそうです。

 

日本近代文学館には、その聖書が所蔵されています。

 

このお話の出典はこちら

文豪と暮らし ~彼らが愛した物・食・場所~ [ 開発社 ]

価格:1,728円
(2018/2/13 20:52時点)
感想(0件)

 

芥川龍之介と汁粉

 

芥川龍之介は随筆に残すほど大のお汁粉好きです。

図書カード:しるこ

 

関東大震災後の東京はカフェがどんどこ進出したそうですが

そのせいか美味しいお汁粉が食べられる店が減ってしまったそうです。

 

それを芥川龍之介が多いに嘆いた、というエピソード。

 

文豪と言えば酒・煙草!みたいなイメージがあるので

芥川龍之介が甘党だ、というのはちょっと違った一面が見えるかな、と思いました。

 

芥川龍之介と煙草

芥川龍之介と煙草についてはこんなツイートが

 

芥川龍之介は愛煙家として有名です。

彼と言えば煙草!という印象ですが吸っている銘柄は結構コロコロ変わっていた模様。

少なくとも「これ一筋!」というわけではなかったようです。

 

若い頃は敷島という銘柄の煙草を愛飲していましたが

途中で先程も紹介したゴールデンバットへ銘柄を変えます。

 

ゴールデンバットは今でも生産されている超ロングセラーな一品。

パッケージは確かにどこかで見たことあるような気もします。

 

 

 

 

 

 

このお話の出店はこちら

文豪とアルケミストごはん帖【2500円以上送料無料】

価格:1,728円
(2018/2/18 12:37時点)
感想(0件)

 

太宰治の記事はこちら

太宰治【文アル好きがする文豪雑学】 - 30からでも出来ること

 

他の文豪のお話も「文豪のお話」というカテゴリーでしています。

良かったら見てくださいね。

 

芥川龍之介もいる「文豪とアルケミスト」に興味を持った方はこちら↓からどうぞ

文豪とアルケミスト